2011年09月02日

韓国びいき批判のヤな感じ

2gvu5cl.jpg


>どうせ批判するのなら、スポンサーの顔色を窺って言論を抑圧するテレビ局全体の批判をしたらどうなのか?

あれ?してなかったっけ?


>万が一、日本人が全員洗脳されて韓国びいきになったところで、誰かの命にかかわるわけでもなかろう。

そうなの?

>もちろん、ネットでは東電批判もばんばん書き込まれてたし、メディアの偏向を叩く論調も多かったし、反原発デモなども行われていた。が、最近のフジテレビ批判の盛り上がりを見ると「これは原発や東電への批判から目をそらすための陰謀ではないか」と勘繰ってしまいたくなるほどだ。みんな、目を醒ませ!「フジの韓国びいきなんかよりもっと重大なことを思い出せよ!

重大なことはひとつじゃないよ?

中村うさぎ…、何だかヤな感じがするぞ!

おまけ
フジテレビから皆様へ
posted by Nay at 20:57| Comment(1) | TrackBack(0) | その他

2011年04月23日

ロシア研究所、「宇宙セックスの証拠はない」




「証拠はない」というだけで「やってない」ではないのね。
でもまぁ重力が無いと、かなり難しいだろうね。
posted by Nay at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年04月10日

ロシア与党系組織が「反汚職お色気カレンダー」制作




つながりがよく分からんが、とりあえず欲しいw
posted by Nay at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年03月08日

女性のオルガスムに秘められた6つの真実

女性のオルガスムに秘められた6つの真実
まず1つめは「Gスポットは本当に存在する」。Gスポットとは、女性の膣の内部のある個所にのみ存在していると言われている、刺激すると激しいオルガスムを感じる場所のこと。過去数十年間存在証拠が見つけられていなかったのですが、2008年イタリアの研究チームによって発見されたのです。彼らは、Gスポットを持つ女性と持たない女性との間に、解剖学的な違いを見つけました。

2つめは「オルガスムを感じている最中は、思考が停止する」。オルガスムを感じたとき、女性の脳の多くの部分は機能しなくなり、考えたり感情を持ったりすることができなくなるようです。

そして3つめが「多くの女性はオルガスムを感じない」ということ。1999年の調査によると、43パーセント近くのアメリカ人女性は、性生活にある種の問題を抱えているということがわかりました。理由として、女性の性的機能不全「FSD」と呼ばれる、医学的な障害である可能性が高く、現在も新薬が研究開発されているそうです。

これを踏まえた4つめは「遺伝子がオルガスムに影響を与えている」というもの。オルガスムにおける初の遺伝子研究によると、女性のオルガスムを感じる能力は、遺伝子で受け継がれたものだということが判明しています。したがってこの能力を持たない女性は、性行為のみならず、マスターベーションにおいてもオルガスムは得られません。しかし一説によると「外部の力によってオルガスムを得ることができなくなった」という例もあるようです。

オルガスムを感じられない女性たちに向けた、究極の解決法がありました。それが5つめの真実「テクノロジーに頼ればオルガスムは得られる」というものです。「FSD」改善のための最も極端な策と言われているのが、リモコン1つで刺激を感じることが可能になる機械「orgasmatron」。しかし、脊髄に挿入するという危険も伴う装置のため、現在も慎重に開発が進められています。

ここまで明かされてきた真実はなかなか興味深いものでした。しかし、最も意外な真実がまだあるのです。それは最後の真実「女性のオルガスムは生物が進化する中で偶然生まれた機能であり、必然性はない」というものです。



43%もいるなら「機能不全」とは言えないと思うが…
遺伝とか必然性がないとかいうのは興味深いな。
posted by Nay at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年02月04日

花を贈る

バレンタインデーは本来、男性が花を贈る日です
 欧米諸国では、男女がお互いに愛や感謝を伝えあう日として、メッセージカードを贈りあう習慣があり、男性がそのカードに添える最も重要なアイテムとして花が贈られている。日本では一般的ではないが、アンケートによると女性陣の評判は悪くないようだ。
 男性が女性に花を贈る習慣は、欧米だけではなく中国、台湾、韓国、ベトナム等のアジア諸国にも共通する。つまり、世界標準のバレンタインデーは、男性から女性に花を贈る日だ。
 そこで日本でもこの習慣を広めようと、花き業界が一丸となって「フラワーバレンタイン」キャンペーンを始めた
 推進委員会のアンケートによると、「世界各国でのバレンタインでの花贈りの習慣」について、「知っていた」は男性が36.9%にとどまるのに対して、女性は54.8%と半数を超えた。



本来は〜って、本来は司祭が処刑された日じゃないの?
posted by Nay at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年07月12日

ストレスは胸にくる。

なぜ「巨乳=おっとり」なの?独断と偏見による考察

ふむ。なんとなく分かる気もするな。
性格知ってる惨事女なんて2〜3人しかおらんけど。
posted by Nay at 14:24| Comment(24) | TrackBack(7) | その他

2010年05月27日

二次元に恋する男を批判する女に「そっとしてくれ」
 しかし、ウェブサイト「非モテタイムズ」では「萌え」の主な担い手である男性を嫌悪する女性側の意見が挙げられ、その意見がネット上で話題を呼んでいる。「彼氏が二次元にハマったら絶対にイヤ」といった意見を始め、『だめんず・ウォ〜か〜』の作者である漫画家の倉田真由美さんは「現実の女性に相手されずに『萌え』に走るオタク立ちが諸悪の根源だ」と語った。
 これらの意見に対して寄せられたコメントでは、「二次がよくて三次はいらないから二次に走ってるのになにいってんのこの三次女は」「俺はもててた高校時代からアニメ大好きだぞ」「二次元趣味を捨てさせるぐらい魅力がある女になれば良いじゃない」などと反論が寄せられている。



女って…
posted by Nay at 19:40| Comment(73) | TrackBack(2) | その他

2010年04月26日

ボリビア大統領の珍発言に会場爆笑!
開会演説に立った同大統領は「もし頭髪が薄くなったり、ゲイになったりすることが嫌なら鶏肉を食べるな」と発言。その理由を「鶏肉は、太らせるために女性ホルモンを注射されている。そのため、食べると男性のあるべき姿が破壊されてしまう。我が国のメディアNoticias 24によると、鶏肉を食べると若い少女の乳房が早い段階から大きくなるそうだ」と説明した。これを聞いた出席者らは、大笑いしながらも困惑した表情を隠せなかった。



禿げるのは男性ホルモンの影響。
女性ホルモンの影響があるなら男も胸が膨らむはず。

胸が膨らむって、いい言葉だなw
posted by Nay at 14:32| Comment(1) | TrackBack(2) | その他

2010年04月20日

剰女

<中国人が見た日本>結婚できない日本の「剰女」=男を逃す10の悪癖
モバイル版URL : http://rchina.jp/article/41474.html
あるいは女性にも問題があるのかもしれない。最近、友人が編集・出版したのが「日本『剰女』の10大悪癖」。日本の結婚できない女性には次のような問題があると指摘している。

(1)お金が第一。気持ちはどうでもいい。
(2)「三高」を追い求め、現実離れした夢を追っている。
(3)自分のことが一番大事。自分の予定ばかりで男性に付き合おうとしない。
(4)買い物大好き。毎月、給料を使い切ってしまう。
(5)自分が世界の中心。他人のことを考えない。
(6)恋愛に何度失敗しても教訓を得ない。男性をバカにするばかり。
(7)トレンドを追いかけるのに夢中で、相手のことなんか気にしない。
(8)自分を甘やかすことに慣れている。男性は八つ当たりの対象、スポンサー、セックスフレンドに過ぎない。
(9)家事が一切できない。結婚して子どもを生んでも、気になるのは自分の美容のことばかり。
(10)結婚はお金の節約でしかないと考えている。

ところが日本在住の作家・林恵子(リン・フイズー)さんは、逆に「剰女」の出現は社会と日本人男性の責任だと分析している。強欲、冷徹、エロ、バカ、暴力的、不倫好き、アニメ好き、マザコン、外を出歩いてばかり、酒好きといった悪癖を嫌ったため、日本人女性の多くは結婚しない、あるいは結婚を怖がるようになったのだという。



ものすごく的確に外してる気がするな…
posted by Nay at 20:45| Comment(0) | TrackBack(2) | その他

2010年03月03日

多けりゃ多いほど

彼氏の元カノ「多い方がいい」 自分も経験豊富だから寛容に
調査結果についてのコメント欄でも、「ウチの旦那は…マジ0だったので…引いた」とか「0や1人の方が何か嫌」と書き込まれた。もっとも、年齢によるという意見も多い。「30歳すぎて1人だったらちょっと考える」という人もいる。

さいで。
posted by Nay at 20:00| Comment(0) | TrackBack(1) | その他

2010年02月22日

人並み

女性半数近くが人並みの生活を求めている
男性の71・4%が、仕事で「人よりぜいたくな暮らしができる収入」が欲しいと答えたのに対し、女性は「人並みの生活を維持できる収入」が47・9%で最多。部長以上の出世を望む割合も男性は87・2%、女性は36・2%だった。

男性の人よりぜいたくな暮らしができる収入=結婚して人並みの暮らしができる収入
女性の人並みの生活を維持できる収入=年収1千万
posted by Nay at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年02月20日

氏ね

すぐに「死ね」と言うネットユーザーに反論「いきなり死ねって、どういう事ですか?」
「いきなり死ねって、どういう事ですか?君には社会の常識がないのですか? 普通は、『あのう、すいませんけれども死んでくれませんか?』とか『あなたはには、死ぬという選択肢もありますよ』とか言うものですよ。あなたみたいに最初から喧嘩腰だと、言われた方は『じゃぁ死んでみようかな』とかいう気持ちがなくなるものです。まずは、親切丁寧に人に死んでと頼むべきだと思いますよ。そこから、人の輪と協調が生まれ、『よーし死んでみるか』という気持ちが生まれるわけです」

ネタかマジかよく分からんのだが…
posted by Nay at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年02月05日

付き合った彼氏がオタクだった

付き合った彼氏がオタクだった「ショックで泣きそう」
付き合って3か月くらいで、彼の本性が出始めました。
オタクなんです。秋葉原にいるような感じです。
見た目は変わっていないのですが、アニメやコスプレが好き。
そういうイベントにも実はこっそりと顔を出しているみたいです。
そして、、パソコンの壁紙が
ピンクや紫色の髪で巫女さんの格好? したキモチワルイ、アニメ絵。
これを見たときは、あまりにショックで泣きそうになりました。(中略)
彼は優しいし、好きです。でも彼の本性を友達に知られたときに、
私の価値も下がるような気がするんです。
オタクの彼と付き合っている女は、価値が低いですか?

とっとと別れた方がいいと思うんだ…
posted by Nay at 22:19| Comment(0) | TrackBack(2) | その他

2009年12月04日

※ただしブサメンは除く

「ただし、イケメンに限……らない」女性も! オタクがモテる理由
理由その1. オタクは一途で誠実
 多くのオタクたちが、ファッションや女性に興味を示さず趣味に没頭しているのは、あくまで「不器用でうまく女性と付き合える自信が持てない」から。
ひとたび彼女ができると、趣味と同じくらい彼女を大切にすることが多いという。アニメやゲームに対して驚異的な情熱を注ぐ彼らは、彼女にもまた、ゆるぎない愛を一途に注ぎ続けるのだ。
理由その2. オタクはマメ
 アニメやゲームなどに関する数々のTV番組、グッズ、イベントをチェックしているオタクたちは、ほぼ例外なく“超マメ”だ(そもそも、マメでなければオタクはできない)。
もちろん、彼女に対してもマメ。日々のメールから電話、家事、そして記念日のお祝いまで……。うっとうしくない程度に行動を起こすことができ、コミュニケーション能力が高い。
理由その3. オタクは紳士
 「一方的に趣味の話をしてきそう」、「女性に対する気遣いが足りなそう」……。そんなイメージを持たれがちなオタクだが、実は、驚くほど細やかな気遣いができる人が多い。
「趣味を通して“仲間を大切にする”という意識を培ってきたんでしょうね。自分ではなく仲間を気遣い、仲間を立てる人が多いように思います」(Aさん)。
男女の別なく行き届いた配慮ができるオタクたち。女性だけにいい顔をする“中途半端なモテ男”とは違うのだ。
理由その4. たぶん、オタクは2次元(または2.5次元)にしか浮気をしない
 真面目で誠実なオタクたち。一度出来た彼女を、そう簡単に裏切ることはないはずだ。でも、ゲームやアニメの美少女に浮気をしてしまった場合は……?
 「そんなのどうってことありません。むしろ、生身の人間ではなくゲームの女の子に浮気してくれてありがたいぐらいですね」(Bさん)。
リアルな女性と浮気をしない(と思われる)ところも魅力らしい。

間違いではないが、モテるかどうかは全くの別問題。
posted by Nay at 21:30| Comment(0) | TrackBack(6) | その他

2009年11月13日

冥土にメイド

「萌え寺」でメード喫茶 東京・八王子の了法寺
参道脇にテントを張り、一般公募の女性たちがメード姿で参拝者をもてなす。「死者の霊魂が行きつく『冥土』と『メード』をかけたわけではありません」と住職。

そこは巫女だろjk
posted by Nay at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2009年11月12日

自分を甘やかす!

僕たち、女性に興味がないわけではないんです!
 A氏やB氏のように男友達といる方が気楽というアラフォー男性が増えている。この先、運命的な出会いでもない限り、彼らもアラフォー女性と同じように「おひとりさま」として生きていくのだろう。
 しかし、気楽な相手ばかりと一緒にいることは、自分を甘やかすことにならないだろうか?
 気が乗らなくても時々は異性と会う。そんな時は多少お洒落もするだろうし、素敵な店やレストランを探すことに労力も費やさねばならない。若い頃は嬉々としてできた行動を面倒と感じるのは、年をとったせいでは? と言っては叱られそうだが、ときめきやドキドキ感は若さや健康を保つためには必要なものだ。
「ときめくような魅力的な女性がいない! 」 という声も聞こえるが、否定からは何も産まれない。

否定されてる側なんですけど?
posted by Nay at 20:40| Comment(0) | TrackBack(7) | その他

2009年09月09日

2009年07月30日

婚活

「高収入」「性格ぴったり」… 理想高い相談者
高収入で、性格もぴったり、自分を愛してくれて、仕事は一生懸命しているけど、たまには妻の相談にものってくれる−そんな理想の人を探すために、婚活に励むという女性相談者が珍しくないという。
(中略)
しかも、過剰な期待に胸を膨らませ、高い理想を求める女性相談者たちに対し、「では、あなたは相手に何を与えられるのですか」と尋ねてみると、みな絶句してしまうのだという。

二次元に逝ってこい。
posted by Nay at 20:48| Comment(0) | TrackBack(4) | その他